French English

サイト内検索
イベントのお知らせ
イベントのお知らせ : シンポジウム「八ッ場ダムは今」-1/12、東京・王子
投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2012-12-01 (2286 ヒット)

 八ッ場あしたの会 6周年記念シンポジウム
 -「利根川治水の争点」と「ダム予定地の遺跡」-

◆日 時:2013年1月12日(土曜日)午後1時半~4時半

◆会 場:北とぴあ14階  スカイホール
 http://www.kitabunka.or.jp/kitaku_info/rlink/summary-map
 JR王子駅北口より徒歩2分、地下鉄南北線王子駅5番出口直結
  東京都北区王子1-11-1 電話03-5390-1100  

 2009年の政権交代により、本体工事が凍結された八ッ場ダム事業は今、本体工事着工の危機を迎えています。
 ダム予定地では道路や鉄道の付け替え、住民の移転代替地の造成などのため、大規模な土木工事が行われ、自然も文化も壊され続けてきました。
 一方で、ダム事業による埋蔵文化財の発掘調査により、江戸時代、縄文時代等の貴重な遺跡が次々と発見され、あらためて水没予定地の歴史的文化的な価値が注目されています。
 このたび、八ッ場ダム問題についての最新情報をもとに、識者をお招きしてシンポジウムを開催することとなりました。
 八ッ場ダムの“今”をより深くお伝えしたいと思います。是非ご参加ください。

◆プログラム
  
○「八ッ場ダム事業の現状」(報告) 嶋津暉之(水問題研究家、本会運営委員)

○「利根川の河川整備計画」 大熊孝(新潟大学名誉教授・河川工学、本会代表世話人)

○「ダム予定地の現状」(報告) 渡辺洋子(事務局)

○「八ッ場ダム予定地における天明浅間災害遺跡の歴史的価値」 
              堀内秀樹氏(東京大学埋蔵文化財調査室准教授・考古学)

○「八ッ場ダム予定地における縄文時代の遺跡」 勅使河原 彰氏(文化財保存全国協議会常任委・考古学)

○「遺跡保存を考える」 椎名慎太郎氏(山梨学院大学名誉教授・文化財保護法)

     
○パネルディスカッション 「八ッ場ダムの運動をどう進めるか」
   コーディネーター:川村晃生氏(慶応大学名誉教授、環境人文学)
   登壇:椎名慎太郎氏、勅使河原彰氏、大熊孝、嶋津暉之、渡辺洋子


◆参加費:800円(資料代含む)

◆主 催 八ッ場あしたの会

 シンポジウムのチラシはこちらです。イベント情報の拡散にお力添えを!
 http://yamba-net.org/doc/20130112_flyer.pdf

 ~八ッ場あしたの会 総会のご案内
 1月12日午前11時~
 シンポジウムの開始前に、北とぴあスカイホールにて

 懇親会のご案内
 シンポジウム終了後、午後5時半頃より懇親会を開きます。
 参加ご希望の方は、下記メールフォームにてお申し込み下さい。参加費3,000円
 http://yamba-net.org/modules/inquiry/index.php?op=0