French English

サイト内検索
  
投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2012-12-13 (1556 ヒット)

 今や絶滅危惧種に指定されようとしているニホンウナギ。 利根川水系はかつて全国の1/3のウナギの漁獲を誇る川でした。河口から山あいまで、随所で採れる多様な生物を育む自然豊かな川でした。しかし、ダムや河口堰の建設、霞ケ浦の人工貯水池化が進められるなど、次々と人の手による改変が行われ、利根川水系の自然は昔の面影を失ってきました。
 その利根川水系の環境を左右する「利根川水系河川整備計画」を今、国土交通省は作ろうとしています。ところが、そこには生物多様性から利根川水系のあり方を考える視点は見あたりません。ウナギに象徴される利根川水系の豊かな自然を取り戻すためには河川整備計画をどのように策定すべきでしょうか。
 生物多様性の視点から利根川水系を考えるシンポジウムを開きます。是非、ご参加ください。

◆日時 2013年1月19日(土)午後1時30分~4時30分

◆会場 全水道会館・大会議室(4階)
   http://www.nijou.jp/page108.html
     〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-1 TEL 03-3816-4132
     JR水道橋駅 東口(お茶の水寄り) 徒歩2分、都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口 徒歩1分

◆プログラム(敬称略)  司会 まさのあつこ(ジャーナリスト)

~報告と問題提起~

〇 利根川水系河川整備計画の策定をめぐる経過  嶋津暉之(利根川流域市民委員会)

〇 利根川をラムサール条約湿地へ!  浅野正富(ラムサール・ネットワーク日本)

〇 ウナギが遡上するかつての利根川へ!  浜田篤信(元・茨城県内水面水産試験場長)

〇 生物多様性の保全と河川整備計画  花輪伸一(ラムサール・ネットワーク日本)

〇 霞ヶ浦も地域もウナギで元気に  飯島博 (アサザ基金)

〇 渡良瀬遊水池の湿地再生を!  高松健比古(渡良瀬遊水池を守る利根川流域住民協議会)

 討論


◆参加費 500円

◆主催 利根川流域市民委員会、ラムサール・ネットワーク日本、水源開発問題全国連絡会

 問い合わせは下記メールフォームまたは電話でお願いします。

 メールフォーム
 http://yamba-net.org/modules/inquiry/index.php?op=0

 利根川流域市民委員会事務局(深澤洋子) TEL&FAX 042-341-7524  携帯080-5372-4084


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2012-12-01 (2386 ヒット)

 八ッ場あしたの会 6周年記念シンポジウム
 -「利根川治水の争点」と「ダム予定地の遺跡」-

◆日 時:2013年1月12日(土曜日)午後1時半~4時半

◆会 場:北とぴあ14階  スカイホール
 http://www.kitabunka.or.jp/kitaku_info/rlink/summary-map
 JR王子駅北口より徒歩2分、地下鉄南北線王子駅5番出口直結
  東京都北区王子1-11-1 電話03-5390-1100  

 2009年の政権交代により、本体工事が凍結された八ッ場ダム事業は今、本体工事着工の危機を迎えています。
 ダム予定地では道路や鉄道の付け替え、住民の移転代替地の造成などのため、大規模な土木工事が行われ、自然も文化も壊され続けてきました。
 一方で、ダム事業による埋蔵文化財の発掘調査により、江戸時代、縄文時代等の貴重な遺跡が次々と発見され、あらためて水没予定地の歴史的文化的な価値が注目されています。
 このたび、八ッ場ダム問題についての最新情報をもとに、識者をお招きしてシンポジウムを開催することとなりました。
 八ッ場ダムの“今”をより深くお伝えしたいと思います。是非ご参加ください。

◆プログラム
  
○「八ッ場ダム事業の現状」(報告) 嶋津暉之(水問題研究家、本会運営委員)

○「利根川の河川整備計画」 大熊孝(新潟大学名誉教授・河川工学、本会代表世話人)

○「ダム予定地の現状」(報告) 渡辺洋子(事務局)

○「八ッ場ダム予定地における天明浅間災害遺跡の歴史的価値」 
              堀内秀樹氏(東京大学埋蔵文化財調査室准教授・考古学)

○「八ッ場ダム予定地における縄文時代の遺跡」 勅使河原 彰氏(文化財保存全国協議会常任委・考古学)

○「遺跡保存を考える」 椎名慎太郎氏(山梨学院大学名誉教授・文化財保護法)

     
○パネルディスカッション 「八ッ場ダムの運動をどう進めるか」
   コーディネーター:川村晃生氏(慶応大学名誉教授、環境人文学)
   登壇:椎名慎太郎氏、勅使河原彰氏、大熊孝、嶋津暉之、渡辺洋子


◆参加費:800円(資料代含む)

◆主 催 八ッ場あしたの会

 シンポジウムのチラシはこちらです。イベント情報の拡散にお力添えを!
 http://yamba-net.org/doc/20130112_flyer.pdf

 ~八ッ場あしたの会 総会のご案内
 1月12日午前11時~
 シンポジウムの開始前に、北とぴあスカイホールにて

 懇親会のご案内
 シンポジウム終了後、午後5時半頃より懇親会を開きます。
 参加ご希望の方は、下記メールフォームにてお申し込み下さい。参加費3,000円
 http://yamba-net.org/modules/inquiry/index.php?op=0


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2012-11-27 (1483 ヒット)

 八ッ場あしたの会も参加している利根川流域市民委員会より、国交省の出前講座のご案内です。
 この出前講座へのお申し込みは、どなたでもできますが、会場のスペースに限りがありますので、先着35名までの受付になります。

 「利根川の堤防強化事業についての国交省出前講座のご案内」
 
                              利根川流域市民委員会

 国土交通省関東地方整備局は9月下旬から利根川・江戸川有識者会議を開き、利根川の河川整備計画を策定しようとしています。
 利根川水系河川整備計画は、利根川流域住民の命と生活を洪水の氾濫から本当に守ることができるものでなければなりません。流域住民の安全に直接関係するのが利根川の堤防の現状と今後です。
 そこで、利根川流域市民委員会は国土交通省関東地方整備局に出前講座を申込み、利根川の堤防強化対策事業について国土交通省の講師による学習会を開くことにしました。
 この出前講座を下記のとおり、開きますので、是非、ご参加ください。
 

◆日 時:2012年12月11日(火) 午後2時15分~4時頃

◆場所:埼玉会館 5C会議室(5階)
    〒330-8518 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4
    電 話:048-829-2471(代)
    http://www.saf.or.jp/saitama/guide/access.html
    JR京浜東北線 浦和駅西口から県庁方面に歩いて右側、約6分

◆講師   国土交通省 関東地方整備局 利根川上流河川事務所
      霞(かすみ) 安行(やすゆき) 沿川整備課長

◆講座名 NO.137 『堤防強化対策事業の紹介』

◆参加費  300円(資料代、会場使用料)

 参加お申し込み、お問い合わせは、以下のメールフォームでお願いします。 
 http://yamba-net.org/modules/inquiry/index.php?op=0


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2012-11-26 (1340 ヒット)

 八ッ場あしたの会の活動を支援するパタゴニア日本支社の目白ストアにて、今度の日曜日にガレージセールが行われます。
 八ッ場ダムの関連書籍の販売、チラシ配布なども行います。ぜひ、ご来店ください。

開催日時:2012年12月2日(日)12:00~16:00

パタゴニア目白ストア
http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=6545

【メッセージ】
 リサイクル製品をREUSEする事での物を大事にする気持ちを伝える
 吟味された生活の実践
 環境問題への関心と理解

【参加団体】
目白ストアスタッフによるパタゴニア製品のリサイクル販売 
八ッ場あしたの会 ユースプロジェクト ネオニコネット エコマルシェ

【物販】
八ッ場あしたの会 ユースプロジェクト ・・・書籍

ネオニコネット・・・ミツバチの里 コシヒカリの販売、書籍、

エコマルシェ・・・有機野菜の販売


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2012-11-20 (1879 ヒット)

 八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会が八ッ場ダム住民訴訟8周年報告集会を開きます。

 お知らせ文を転載します。  

 「ねつ造してまで八ッ場ダム?
            ?どうなる!! 利根川水系河川整備計画」

 昨年末の八ッ場ダム建設再開決定を受け、本体工事着工には「利根川水系河川整備計画」の策定が条件となりました。そのため、国交省は、なりふり構わない強硬な姿勢で形ばかりの「利根川・江戸川有識者会議」を立て続けに開いています。ムダな公共事業を止めるためには何が必要か? 八ッ場ダム裁判の展望や今後の活動は? 危機的状況を共有し、共に考えましょう。
 おおぜいの皆さんのご参加をお待ちしています。

◆日程:2012年12月9日(日) 13時15分~16時30分

◆会場:全水道会館 4階大会議室
    http://www.nijou.jp/page108.html
     JR水道橋駅 東口(お茶の水寄り) 徒歩2分
     都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口 徒歩1分
     1Fが、ニューヨークカフェになっているビルです。

◆参加費 500円
           申し込み不要

◆講演 「ムダな公共事業を止められるか?」
          五十嵐敬喜さん (法政大学教授、復興構想会議の専門委員)
    「利根川・江戸川有識者会議の欺瞞」
          関 良基さん (拓殖大学准教授 利根川江戸川有識者会議委員)

○八ッ場ダムの現況報告  嶋津暉之 (八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会代表)

○裁判の報告、各都県からの報告 
 
主催:八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会他
連絡先:八ッ場ダムをストップさせる東京の会・深澤Tel/Fax 042-341-7524


(1) 2 3 4 ... 43 »